綺麗にバストアップしたいならノーブラは禁物!

ノーブラで過ごすと良くないと言われていますがどうしてノーブラで過ごしてはいけないのでしょうか?

窮屈なブラジャーを付けるよりも開放されている方が胸って育つんじゃないの?という意見もあるようですがではなぜノーブラじゃダメなのかきちんとした理由をご紹介します。

バストアップをしたい、バストを綺麗に保ちたい人はノーブラで過ごすことは禁物です。ブラジャーの役割って知っていますか?

胸が透けないようにする、揺れ過ぎないようにするだけではなく、バストが本来あるべき位置へ戻しそして保つ役割もあるのです。

ノーブラの状態ではバストの脂肪が背中や脇へ流れてしまい、垂れてしまう、ぺちゃっとした感じになるなどバストの形が悪くなってしまうのです。

よくノーブラだとバストが下垂してしまうって聞きますが、それはバストが大きい女性だけの問題ではありません。例えAカップという小さめのバストでも200gも重さがあるのです。

胸にはバストを支えるクーパー靭帯というものがあり、ブラジャーはクーパーが揺れや刺激で切れないように防ぐ役割も果たしているのです。

ノーブラで過ごすとバストの重みによりクーパー靭帯が切れやすくなってしまいます。特にノーブラで運動するのが危険です。クーパー靭帯が切れてしまうと下垂が加速してしまいますし

実は2013年にノーブラの方がバストアップするという噂がネット上で話題になっていましたが、実はこれただの噂話じゃなくてフランスのスポーツ科学者ジャン・デニス・ルイロン氏が行った実験結果により裏付けされている事実なんです。

数ヶ月~数年間ノーブラで過ごしてもらうグループとブラジャーをきちんとつけてもらうグループとで比較し、ノーブラで過ごしてもらったグループの方が1年で7mmバストアップしたという結果が出ました。

その理由はブラジャーをすることで胸回りの組織の成長が止まってしまいバストアップの妨げになるとのことですが、日々バストアップをしたいと思っている人はこれまで色々なマッサージなどをしてきたと思いますし、組織の成長を邪魔するほど悪い環境ではないと思います。

ただ、この結果から普通のエクササイズやマッサージだけでなく、胸回りのリンパケアが大切だということがわかります。ブラジャーの締め付けにより老廃物がたまってバストアップを邪魔していることはあながち間違いではないと思われます。

しかし、ノーブラは形が崩れる一番の原因でもありますのでブラジャーはきちんとするようにしましょう。そしてバストアップの成功に近づくためにもリンパケアをきちんとしましょう。

ページの先頭へ